<strong>IMASEN</strong> LOGO サイトマップ | ENGLISH
HOME> IR情報 >特集企画>第7弾 トップインタビュー「今後のIMASENの開発方針について」
社長自らが開発本部長を兼務されたのは何故ですか?
■これまでの経験を活かし、世代を超えた製品開発を行いたい
 入社時からシートデバイスをメインに製品開発に携わってきました。開発部門は人の命に関わる重大な仕事であり、その製品品質は安全であってあたり前の世界です。そのような責任のある部門に長年おりましたので、その難しさと、そして自分が設計した製品が世に生み出される喜びも知っております。これまでに得た色々な経験を今後の開発に活かせるのではないかと考え、今回の開発本部長を兼務することといたしました。開発本部長を兼務することで、自ら新しい製品開発をリードしていきたいと考えています。
 こうして開発現場の近くに身を置くことで、あらためて情報収集や組織のムード作りが大事だと感じております。開発部門が世代を超えて自由に話し合えるような職場を築き、良い製品が生まれてくる環境作りにも取り組んでいきたいと思っています。
IMASENにおける開発の強みは?今開発に必要とされているものは?
■「お客様第一」の精神とメカトロニクス技術による提案が強み
 IMASENの強みとして、1つには「お客様第一」という精神が全社的に上から下まで浸透していることが言えます。パートナーとして、期待を裏切らないという姿勢がお客様に評価され、これまで成長することができたものと考えます。
 また機構技術と電子技術を融合したメカトロニクス技術を有しており、その技術力を強みとしております。カーメーカー、シートメーカーに対して幅広く提案ができる点で評価を頂いており、その点においては他社に勝っているものと考えております。
■製品ベンチマークや事業企画を重視した開発
 世界の自動車トレンドを見ると、中国やアメリカなどは大型車が依然として主流ですが、一方で、新興国では移動手段の一つとしてクルマが位置づけられており小型車の販売が伸びています。日本でも燃費向上など軽自動車が注目されていることもあり、当社でも小型車・軽自動車における市場シェアを拡大させたいと思っています。
 そのため他社の開発動向のベンチマークを行い、各社の製品の現状把握をし、比較した上で新製品の開発をすることとしております。これにより、新しい発想や差別化がされやすく、開発目標値も立て易いと考えています。また社員には、開発前の企画段階で他社と比較して勝負できる見通しを立て、目標値と達成手段を明確にした上で製品開発をスタートさせることを指示しています。今後も明確な開発ビジョンを持って製品化を進めていきたいと思います。
■グローバルで勝ち残るため、スピードある開発力が必要不可欠
 また昨今グローバル競争が進み、製品開発は従来にも増してスピードが要求されています。自動車業界全体で開発スタートから量産開始までのリードタイムを短くする動きがより一層加速しており、これに対応するためには、日頃からお客様に喜んでいただける高性能な製品を見極め、早い段階から研究開発をする必要性があります。開発の更なるスピードアップを命題として取り組んでおります。
開発スピードアップのため、現在取り組まれていることはありますか?
■組織の変更とチーム体制による開発

 まず開発効率化の施策の一つとして、開発関連部門の組織変更を実施いたしました。
 これまで別々であった初期開発に関わる部門(技術企画部門、試作部門、試験部門)を1部門に統合し、技術企画部という名称で新設しました。
 製品開発の企画から、量産開始に向けた試作・試験までを一貫して管理することで、新製品の品質玉成をスムーズに実現し、市場投入のスピードアップを目指しています。
 また開発体制としましては、開発作業で仕事が遅延し不具合などの問題が起きた場合に、解決に時間がかかることがあります。1人で悩むのではなく、早い段階でチームを構成し、問題点を洗い出し、解決していく場が必要だと思います。今後はそのような場を設け、安全で高品質な製品を社員一丸となって開発していきたいと考えています。
■試験設備の拡充
 研究開発に関する設備面の充実といたしましては、本社に隣接する名古屋工場エリア内の既存の試験棟に併設する形で新たに試験棟を設置し、8月より稼動を開始いたしました。新法規に対応するためのランプの配光試験室の新設を主体としておりますが、あわせて工場内に散在しておりました各種試験機能を集約化することで、試験・検査作業の効率化、製品の開発スピードの向上を目指しています。
新製品の開発状況について聞かせて下さい
■世界最小形状の小型ラウンドリクラーやウインドレギュレータ

 シートのリクライニング機構に装備される小型ラウンドリクラーはグローバル的にも競争力があると考えています。 小型化により大幅な軽量化を達成しつつ、従来品と同等の強度を維持しております。競合他社も取り組む中で、自社の調べではIMASENの製品が世界最小形状の小型リクラーであるため、今後のシェア拡大に期待しています。
 またウインドレギュレータについては、ここ数年受注が落ちており非常に残念です。しかし、現在ウインドレギュレータ専属の設計者が研究開発し、レベルの高いモノができ上がりつつあります。今後のウインドレギュレータの巻き返しに向けて積極的な開発及び営業活動を推進していきたいと考えています。
これからのグローバル競争に勝ち進むため、IMASEN開発部門の今後の方向性について教えて下さい
■国際競争力のある製品開発を進め、日本のモノづくりを守る

 これからの競争相手は日本国内だけでなく、欧米や中国・韓国などのアジア、そして新興国のメーカーです。海外部品メーカーの動きを見ると、買収することで企業規模を拡大させ、脅威となっています。また、コストだけを考慮すると現地メーカーに勝つことは困難です。グローバルで勝ち抜くためには、原材料や部品の現地調達化の推進は勿論のこと、現地メーカーとの連携も検討しております。より一層、製品コストを意識しつつ、高品質な製品作りをしていく必要があります。今回その戦略の一環として、開発部門とは別に購買部門や品質保証部門などに海外向け業務を専門に行う部署を新設しました。 これらの部門と海外グループ会社を連携させ、グループ内のコスト把握を行うと共に品質面の向上も目指していく考えでいます。そして、今ある海外拠点を有効活用させつつ、最適化した生産拠点を決定し投資していくことで国際競争力を高めていきたいと思います。
 いかにグローバル化が進もうともIMASENはあくまで日本の企業であり、日本のモノづくりを守っていく責任があると思います。当社の独自の技術を大切にしながら、日本のモノづくりの強さや良さを守っていきたいと思います。 そして、ひとつでも多くのオンリーワンの製品を開発し成長し続ける企業でありたいと考えています。
*本ウェブサイト上にて開示されているデータや将来に関する記述は、それぞれの発表日現在の判断や入手可能な情報に基くもので、種々の要因により変化することがあり、リスクや不確実性を含んでおります。実際の業績は今後様々な要因によって、予測数値と異なる可能性があります。

Copyright©: IMASEN ELECTRIC INDUSTRIAL CO.,LTD. All rights reserved