<strong>IMASEN</strong> LOGO サイトマップ | ENGLISH
HOME> IR情報 >特集企画>第5弾 IMASENを知る「IMASENのグローバル展開」
北米地域においては、前期における自動車生産の大幅な落ち込みから回復し、増産に転じております。
しかしながら急激な円高の影響などから、利益面では厳しい状況が続いております。
 
米国子会社への増資及び自動車用シートアジャスタの工場を新設
 IMASENは米国子会社「イマセン ビュサイラス テクノロジー インク」(IB−TECH)への増資を行い、米国内に自動車専用シートアジャスタ工場を新設することを決定いたしました。
 IB−TECHでは、現在オハイオ州の工場を拠点として、北米地域への製品供給を行っておりますが、今後の北米地域において見込まれるシートアジャスタの受注拡大に対応するため、同社における第2の生産拠点として、テネシー州に新工場を設置するものであります。
 2011年の操業開始を目指し、準備を進めております。
■ 新工場の概要 ■
所 在 地  : テネシー州マウントプレザント市
工場設置  : 2010年8月
操業予定  : 2011年 年央予定
投 資 額  : 約20百万ドル
工場面積  : 敷地面積 90,000u
         建屋面積 15,000u
生産品目  : シートアジャスタ、他
設備内容  : プレス、溶接、組立
売 上 高  : 2012年度予想 約50百万ドル
従 業 員  : 2012年度予想 約180名
アジア地域においても、前期は欧州向けの生産を担当するタイを中心に減産となりましたが、今期は増産に転じております。
特にタイの回復幅が大きく、収益改善が進んでおります。
 
タイに第2工場を新設
 IMASENのタイ子会社「イマセン マニュファクチュアリング(タイランド) カンパニー リミテッド」(IMTC)では、既存工場の隣接地に第2工場を建設することを決定し、10月に起工式を開催いたしました。
 IMTCではタイ国内及び欧州向けを中心に自動車用シートアジャスタの製造、販売を行っておりますが、今後予想されるタイ国内の自動車生産の伸びと、それに伴う受注増加の見込みに対応するため、プレス専用工場として第2工場を新設し、既存のプレス設備を移管、増強を図るとともに、既存工場におけるシートアジャスタの生産能力増強を図るものであります。
 2011年11月の操業開始を目指しております。
【第2工場完成予想図】 ■ 新工場の概要 ■
所 在 地 : タイ国アユタヤ県
着   工 : 2010年10月
操業予定 : 2011年11月予定
投 資 額 : 約52百万バーツ
工場面積 : 敷地面積 18,884u
         建屋面積 2,550u
生産品目 : シートアジャスタ、他
設備内容 : プレス
【起工式で献花する増谷社長】
 
中国第2の生産拠点設立を決定
 IMASENは、中国内陸部の湖北省武漢市に新たな現地法人を設立することを決定いたしました。
 広東省広州市の現地法人「広州今仙電機有限公司」(GICO)に続く中国第2の生産拠点となるもので、今後の中国地域におけるシートアジャスタの受注拡大に対応するとともに、中国国内における物流効率の改善を図ってまいります。
 2012年中の操業開始に向け、準備を進めております。
■ 子会社の概要 ■
社   名 : 武漢今仙電機有限公司(仮称)
所 在 地 : 湖北省武漢市
資 本 金 : 50百万人民元(約6億円)
出資比率 : 当社 60%、
        広州今仙電機有限公司 40%
生産品目 : シートアジャスタ、他

Copyright©: IMASEN ELECTRIC INDUSTRIAL CO.,LTD. All rights reserved