<strong>IMASEN</strong> LOGO サイトマップ | ENGLISH
HOME> IR情報 >特集企画>第18弾 「IMASENを知る」トップインタビュー新社長 足立 隆に聞く「IMASENの将来」
社長就任にあたっての抱負は?
 当社は1939年に株式会社として設立以来、日本のモータリゼーションの進展に対応し、自動車用ホーン、ランプ、シートアジャスタ、電子ユニット等の多様な製品開発を積極的に進め、自動車メーカーのよきパートナーとして、今日までの信頼と実績を築いてまいりました。これもひとえにお客様、株主の皆様、地域社会の皆様、および諸先輩の方々のお力添えによるものであり、心から感謝しています。
 創業の原点である 「よい品を、より安く、より速く」という社是を大切にしながら、企業として大きく変革を進め、企業価値をさらに高めていくことが私の役目であると考えています。
 私はよく、自ら起業し、その会社を大きく育てられた方々の自叙伝を読みますが、そうした方々の多くが「夢は必ず叶う」とおっしゃっています。夢(目標)を達成するまで執念を持ち、徹底的に努力し、そして諦めないことで「夢は必ず叶う」というものです。
 IMASENの従業員がベクトルを合わせ、努力し、そして目標を達成したときには皆で喜びを分かち合えるような会社にしていきたいと考えています。
会社が成長していくための具体的な考え方は?
 IMASENを取り巻く経営環境は自動車業界再編、グローバルでの大手部品メーカーとの競合、コスト競争激化など、非常に厳しい状況ですが当社にはグループ全体で5000人を超える従業員がいますので、全員で力を合わせ、業務を遂行すれば必ず成長していくことができると考えています。
 社長就任にあたり、私は次の4つの基本姿勢を徹底して従業員に実践させたいと考えています。それは『熱意』、『執念』、『徹底』、『団結』です。
 『熱意』は物事に対する意気込みで、課題意識と目的意識から生まれます。『熱意』を外に出すことで相手から組織に伝わり、最終的には自分に返ってきます。全員で『熱意』を持って勝ち残る企業を創ってまいります。
 『執念』はある一つのことを深く思いつめる心です。『執念』を持ち、「すぐやる。必ずやる。出来るまでやる。」を基本姿勢として会社を成長させていきたいと考えています。
 さらに、誰がいつどのような状況において、何がどうなっているのか、事前情報がなくてもよく理解し把握できる「看える化」を『徹底』し、ロスなき管理を実施することで、全員が共通の目的・目標をもってベクトルを合わせ、『団結』してまいります。
 これらの『熱意』、『執念』、『徹底』、『団結』の4つで、IMASENの体質を変革し、将来に向けて成長を果たしてまいります。
株主・投資家の皆様に対する取り組みは?
 現在のIMASENの株価は、市場の影響もありますが、まだ低い水準にあると考えています。私も藤掛前社長に引き続き、業績の向上に努めるとともに積極的なIR活動に取り組んでまいります。  
 配当政策の基本方針としては、株主の皆様への利益還元と将来の事業展開に備えて企業体質強化のバランスを考慮しつつ、安定的な配当を業績に応じて継続的に行うこととしています。
今後も更なる業績向上に取り組み、厳しい経営環境下ですが、利益を増やし、株主の皆様のご期待に応えてまいります。
 
*本ウェブサイト上にて開示されているデータや将来に関する記述は、それぞれの発表日現在の判断や入手可能な情報に基くもので、種々の要因により変化することがあり、リスクや不確実性を含んでおります。実際の業績は今後様々な要因によって、予測数値と異なる可能性があります。

Copyright©: IMASEN ELECTRIC INDUSTRIAL CO.,LTD. All rights reserved